今子育てを頑張っているママたちを応援します

精製した白砂糖と小麦粉を抜いたグルテンフリーの生活をはじめて1か月たちました。1か月の間に小麦粉の代わりにおからや米粉を使うことで結果、糖質制限をすることができました。やってみてすぐに実感があったのは肌の調子が良くなったこと。年頃の娘の悩みは顔が赤くはれ、ニキビが多くなっていることでした。早速、グルテンフリーにすると、赤みが少しずつ減り、1か月たつと顔の肌が日焼けの後の抜け殻のような皮が出てきて、これからきれいになるのだろうと期待しています。私も肌に透明感が出てきてシミが薄くなったような気がします。

しかし、今まで大好きだったお菓子やパスタなどに制限がかけられるので、特に娘はどうしても「お菓子が食べたい!」と話す姿に会話いそうだなと思いました。

そこで、以前学んでいたマクロビの知識を活かし、おからや煎りぬかを使ってケーキやクッキーを作りました。

おからのバナナケーキ

材料

生おから200g、 煎りぬか 大さじ3、バナナ2本、ココナッツオイル 大さじ1、卵6個、甜菜糖(アカべシロップなど)適宜、塩少々

1.オーブンを180度に予熱しておく

2.生おからは軽く水分を飛ばし、フードプロセッサーで細かくしておく。

3.精米したてのぬかをフライパンで軽く炒る。

4.バナナはフォークなどでつぶしておく

5.卵を割りほぐし、ハンドミキサーなどで5分ほど撹拌し、クリーム状になるようにする。その時少しずつ、甜菜糖を入れていく。

6.5に材料を入れて卵のムース上の泡をなるべくつぶさないように切りながら混ぜる

7.オーブンで30分ほど焼く

※豆腐クリームの作り方。

材料 木綿豆腐(あらかじめ水切りをしておく)、クリームチーズ少々、甜菜糖大さじ1

材料をフードプロセッサーに入れて混ぜる。

豆腐クリームを作ることで、ホイップクリームよりさっぱりしていて、カロリーも抑えることができる。

小豆かぼちゃのホロホロクッキー

材料 小豆大さじ1 かぼちゃ半分、おから200g、煎りぬか大さじ3、ココナッツオイル大さじ2、塩少々、甜菜糖30gくらい。

作り方、1.小豆を下茹でした後にかぼちゃを入れてかぼちゃの煮物を作る。

2.全部の材料をジップロックに入れてよく混ぜる。(もし、生地がまとまらないようならオイルを入れて調整してください)

3.そのまま冷蔵庫で30分以上寝かせる。

4.袋から開け、好みの大きさに分けていく。

5.180度のオーブンで30分焼く

※番外編

大豆専門店で、クッキーと生のテンペを見つけたので、こちらも、子どもたちのおやつに役立ちます。

おからは小麦粉としての代用品になるだけでなく、食物繊維が豊富でダイエット効果も期待できます。

是非、グルテンフリーな生活で心も体もきれいになってください

 

 

naru.75

保育園に勤めている現役保育士です。不思議ちゃんな娘と鉄オタがバージョンアップされてきている現在二児の母です。不思議ちゃんな娘を通して、一人一人が輝ける世界を目指しています。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です